クレジットカードはほどほどの利用しないと

クレジットカードは便利なので、ついつい使ってしまいます。 現金の支払いよりは、「お金」という意識が薄まってしまうせいか、買い物で使って請求が来た時に「こんなに使ったの!」と驚く方も多いのではないでしょうか。 計画的に、注意して使っていかないと破産をしかねない危険性もクレジットカードにはありますね。 クレジットカードの月々の支払い上限というのは、収入の20~25%と云われています。 自分の収入に合わせて計画的に使っていかねばなりません。 もし、支払の期日に遅れてしまうと延滞金も払わねばなりませんし、信用が損なわれるため最悪の場合にはクレジットカードの使用が出来なくなりますのでそうならないようにもしっかりとした計画を立てて利用していく必要があります。 併せて、クレジットカードにが「利用限度額」というものがあります。 カードを作る時にも説明があったり、選択肢の中から選んで自分で限度額を決めたりしたかと思いますが、その限度額を超えてしまうと利用が出来なくなってしまいます。 限度額を超えてしまうことが予想される場合は、あらかじめカードの発行会社に相談をしましょう。 また、お買い物をした時にカード控えを貰いますが、きちんととっておき、後日カード会社から送付されてくる明細書との照合もきちんと行いましょう。 過剰与信防止義務が導入されたことにより、支払可能な範囲内で安心してクレジットカードを利用することは出来ますが、それでもお金よりは「使った」という感覚が薄れるものですし、すぐ合計金額が目に見えない分余分に使ってしまう可能性もあります。 カードはお財布代わりにもなるとても便利なものですが、やはり自分できちんと支払える金額内で、期限内に収めることが出来る範囲内で使っていくことが大切となってきます。 使う時にはしっかりと計画を立てて使っていき、よりよい生活を送れるようにしていきたいものですね。

↑ PAGE TOP