使い方を間違えたら大変だと思った

2014/08/12

割賦販売法、賃金業法、総量規制。 こういったものが施行、導入され、様々な変化がでています。 個人の借入総額が原則、年収等の3分の1までに制限されるシステムのことを指しますが、一部例外となるものもあります。 貸付の契約には「個人向け保証・貸付」と「法人向け保証・貸付」の計4種類あり、その中でも対象となるのが「個人向け貸付」のみとなっています。 個人の客からの貸付の新しい申し込みが入った場合、賃金業者は指定信用情報機関が保有している個人信用情報を使い、他の業者からの借入残高を調査します。 業者側は、利用者とリボルビング契約をした場合は1ヶ月の貸付合計が5万円を超えて且つ貸付残高が10万円を超える場合、月ごとに指定信用情報機関から情報を得て残高を調べることとなります。 このようなことがありますが、では除外や例外になる場合というのはどういった場合なのでしょうか。 除外となる場合は、「不動産購入または不動産に改良のための貸付け(そのためのつなぎ融資を含む)」等があります。 例外となる場合は、「顧客に一方的有利となる借換え」等があります。

↑ PAGE TOP